2022.09.09

スタッフの独り言

車の豆知識

15 views

『クーラント』ご存知ですか?

カーライフアドバザーの田中です。
 
 
車には欠かせないパーツが無数にあります。
その中でも、あまり意識することの少ない『クーラント』。
今回は、クーラントについての基本的な豆知識です。
 
 
皆さんは、エンジン冷却水『クーラント』の性能についてご存じでしょうか?
クーラント液は、エンジンを冷やすための液体です。
エンジンを始動すると、エンジン内部から熱を発します。クーラント液は、
エンジン内部の熱を奪って、車体の前部に設置されているラジエターで冷やし、
また、エンジン内部に戻ってエンジンを冷やします。
この液が少ないもしくは劣化していると、オーバーヒートの原因になります。

 


 

クーラント液は、冬場でも凍結せず、エンジン内部に錆や腐食を発生させないため、
水ではなくグリコール系溶媒に防腐剤などの添加材を加えた液体です。
 
よく、水道水を入れておけば?と言われることもありますが、
あまりお勧めは出来ません。
なぜなら、水道水やミネラルウォーターには、様々な成分がはいっているので、
ラジエターの目詰まりや錆となる原因を作るからです。
 
ただし近くでクーラント液を購入できない場合は、
応急処置として短期間の使用であれば問題はありません。
 
 
クーラント液は長期使用していると、蒸発や劣化の原因となります。
蒸発した際は、クーラント液の補充が出来ますが、劣化している際は交換する必要があります。
大体、2年~3年ほどが耐用年数となっているので、
車検の時に交換するのがいいかと思います。
 
また、スーパーLLCの場合は、7年~10年が耐用年数と言われていますので、
その際は乗り換えまで交換しなくてもいいかもしれません。

ちなみに、クーラント液になぜ色がついているのか。
その理由として、エンジンルーム内には、クーラント以外にも、
エアコンなど液体を使用している箇所があるので、万が一液体が漏れている場合、
クーラント液は一発で漏れているかの確認ができます。
また、各メーカーでクーラント液の色が違います。
 
また異なる色のLLCを混合すると、不具合を起こすこともあるので、混ぜないようにしましょう。
 
 
ご参考までに。
 

純正のクーラントの色以外に性能の違いはほとんどありませんが、サーキット走行を
行う機会がある方は、クーラント液にこだわる方がいいかと思います。
サーキット走行は、一般道と違い常に高回転でエンジンを回すため、
純正のクーラントではカバーできない可能性があり、オーバーヒートの原因となります。
そういった方は、高性能のクーラントを使用することをお勧めします。

気になる方は、ARKまでご相談ください。

ブログ一覧へ

定期的にARKの情報を発信しています!!
こちらもぜひチェックしてください。