初代ホンダNSX

懐かしいスーパーカーが点検整備のため入庫しました。

バブル全盛期、ホンダF-1第二期の1989年に発表された

初代NSXが各種点検整備のためやってきました。

1モデルのみ800万円(ATは60万円高?)の当時は超高級車でしたね。

ミッドシップに積まれたVTECエンジンが懐かしいです。

オールアルミの車体やフラットなアンダーパネルなど

当時では凄いスペックだと感動していた記憶が・・・。

ジェット戦闘機のようなキャノピーもかっこ良かったですね!

経年車に対して、車両を生産工場に戻し、新車時の性能や質感を蘇らせる

NSXリフレッシュプランを設けているそうです。

大規模メーカー自らが行うものとしては、世界的に見てもまれで

生産終了後もこのサービスプランは継続されているそうです。

素晴らしいシステムですね。

ARKも作業させて頂いた車はしっかりアフターフォローしていきます!

 

ブログ一覧へ

定期的にARKの情報を発信しています!!
こちらもぜひチェックしてください。