FACTORY 設備案内

FACTORY

ARKの設備案内
最新鋭・最高峰の塗装ブースをはじめ高性能な修正機や最新設備が技術力をバックアップ

溶接機

日本製ヤシマ社製のWONDER MIG210SDとQC MIG180 Digital、
2台の溶接機でスチール・アルミ・ステンレスを確実に溶接しています。

フレーム修正機(サンプル文、他店引用)

フレーム修正機

明々工業株式会社のCUBIC SYSTEMを使い、国産車・輸入車を問わず全ての車種を完全固定して修正しています。 足廻りの事故でも、1mm単位はもちろん1度という角度までも修正し、真直ぐ走る車に直します。

サンディングルーム(サンプル文、他店引用)

サンディングスペース

サンディングスペースとは、下地処理を行う場所です。当社は床引吸塵システムです。下からゴミやホコリを風で吸う優れものです。 簡単なクイックペイントはここでも充分です。

乾燥機(サンプル文、他店引用)

乾燥機

塗装面を乾燥させるANDEX社スタンド式ヒータッププラスを数多く揃え、ルーフやボンネットもラクラク乾燥可能で、大きな車も4台のヒータッププラスで万全です。

乾燥機(サンプル文、他店引用)

塗装ブース

ANDEX社の最高峰ブースのCAB-07 Hyperを導入。 塗装の大敵チリやホコリを完全にシャットアウトするため、理想的な風の流れを生み出すために考えられた圧送室の2段構造。給気ユニットから送られた強いプラス圧の風がバランスメッシュを通ることで弱プラス圧になり、天井フィルターから理想的な風がゆるやかに流れます。風はまず第1圧送室に送られ、そこで圧力(静圧)を形成しバランスメッシュの小さな穴を均一に通過。第2圧送室ではさらに均一な圧力が形成され、理想的な一様流となりブース内を下降していく構造になっています。ピット寸法は乱流の少ないワイド構造で、ピットの風向板は下回りの塗料ミストの跳ね返りを解消した構造です。

お問い合わせボタン