2023.06.16

車の豆知識

610 views

「エアコンの効きが悪くなる理由」知ってますか?

エアコンの利用が増えるこれからの季節に備えて

カーライフアドバイザーの田中です。

ジメジメした梅雨の時期がやってきました。

そろそろ扇風機の準備をしようかと思っています。

この時期なると車での移動はエアコンを付けている方が多いのではないのでしょうか?

これから、使う頻度が多くなるエアコン。今、ちゃんと作動しているのか 確認しておきましょう!

エアコンの効きが悪くなる理由

まず初めに、 エアコンの効 きが悪くなる原因を探っていきます。車のエアコンが効かない原因いくつかありますが、その中で一番多い原因は、エアコンガス不足ではないでしょうか。

なぜ 、エアコンガスが不足になると冷たい風が出てこないのか ?

 

 


 
エアコンの仕組みは、エアコンガスの気化熱を利用して冷たい風を作り出します。 圧力を加えられて液体となったガスは、蒸発する前に周囲の空気を冷やして気化します。その時に冷やされた空気が車内に送られる仕組みとなっているのです。ガスが少ないと熱くなった空気を冷やすことが出来ないので、ぬるい風が車内に送りこまれます。ガス充填は、比較的簡易にできる作業となりますので、費用も車種にもよりますが、そこまでの高額にはならないことが多いです。
 
ただ、気を付けていただきたいのが、エアコンから冷たい風が出ているのに、ガスを補充することです。過充填することにより圧力が上がりすぎて、エアコンの効きが悪くなることもあり、それどころか、故障する可能性も出てきます。暑くなってくると、室内温度が上がるので冷えるまでに時間がかかり、あまり効果を感じられないことがあります。
 
「エアコンの冷え具合が弱いかな? 』っと思っても、ガス充填をするまえに一度、確認をしてください。本当に冷たい風は出ていませんか?
 
まったく冷たい風が出ていない場合は、別の原因が考えられますので、その時は、ぜひご相談ください。

 

 

 

ブログ一覧へ

定期的にARKの情報を発信しています!!
こちらもぜひチェックしてください。