2016.01.08

10 views

ZIMMER レストア完成!!!

新年一回目のブログ更新です。

今年は、いっぱい更新できるといいなと思う今日この頃。

精一杯がんばりますので、よろしくお願いいたします!

 
 
ずいぶん間が空いてしまい、すみませんm(__)m

レストア中のZIMMERが完成したので、一気にアップしていきます。
 

前回、修理箇所など紹介してきましたが、今回はどのように生まれ変わっていくのかをアップしていきます。

クラッシックカーと呼ばれるボディの大半は鉄ではなく、FRPを使用しています。

FRPは、意外に使われている複合素材で、身近なところでは、浴槽やヘルメット、グレーチングなどなど・・・。

さまざまな生活にかかわっている素材の一つです。

RIMG0094 RIMG0107

まず始めに、見えない部分にも破損個所は広がっていることがあるので、しっかり突き止め補修していきます。

クラックの重なりをなくすように丁寧に削りガラス繊維を破損個所にあて、

樹脂をしっかり染み込むように塗りこみます。

この時に、樹脂のエアーを抜かないと弱くなってしまうので、注意が必要。

この作業を繰り返し行い、硬化したらパテ埋めして表面を仕上げていきます。

根気のいる作業ですね・・・。

RIMG0163 RIMG0164

破損個所の補修が終われば、次に足付け。

足付けは、最終の仕上げに影響するほど大切な作業です。

もちろん職人の腕にかかっております。

IMGP2894 IMGP2896

足付けが完了すると、次はサフェーサーです!

サフェーサー塗装が終わると、赤外線ヒーターで加熱乾燥を行い、

そのあとは、しっかり寝かせ硬化させます♪

サフェーサーが硬化したら、研ぎ作業!

見ただけでは全く判らない僅かな歪みを職人の掌の感触で確認しながら、

平滑に研いでいきます。まさに職人技!!

IMGP3362 IMGP3364 IMGP3366

そしていよいよ塗装です。ARKでは業界でも有名なANDXE社

最高峰ブースを使用しています♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして・・・

作業内容は、まだまだ続くので、続きは次回へ!!!!

ブログ一覧へ

定期的にARKの情報を発信しています!!
こちらもぜひチェックしてください。