2024.02.16

車の豆知識

154 views

ヘッドレストの役割とは?外すと車検には通らない⁉ その理由は・・・

ヘッドレストの役割とは?外すと車検には通らない⁉ その理由は・・・

ヘッドレストとは、車のシートの上についている枕のようなパーツの事です。

バックミラーから見るとき、正直邪魔なので、外して視界スッキリとさせたいところですが、ヘッドレストには、実は非常に重要な役割があります。

 

・Head rest(休める)ではなく、Head restraint(拘束する)という意味

 

英語表記では、【Head rest】と記載されていることが多いので、枕と勘違いされることが多いですが、本当の意味は【Head restraint】となります。Restraintとは『拘束する』という意味があり、事故などの衝撃で頭部が揺られるのを抑え、首や肩へのダメージを最小限にするという目的があります。

 

・ヘッドレストの役割は衝突された際の首のダメージを軽減

 

毎年何万件という交通事故が起きていますが、その中でも追突事故の件数が毎年1位になっています。

ヘッドレストは、追突事故による死亡や重症化の確率を下げる役割があります。

これがあったおかげで首へのダメージが軽減され、結果的に助かったという事例が多く存在します。

 

・頭を支えることにより首を守り、むち打ちを軽減

 

ヘッドレストはむち打ちを防ぐために開発された、安全装備です。

むち打ちは、衝撃を受けた瞬間はもちろん、最初の診断では異常なしと見られ、後から症状が出はじめようやく気付くケースがほとんど。厄介なのは、事故当初は痛みがなかったのに、2~3日すると頭痛や首が動かないもしくは動かそうとすると痛いなど様々な症状が出てきます。

酷いときは倦怠感やしびれ、めまいが継続して続くことも・・・。

最悪の場合、頚椎などの骨や脊髄などの神経に影響することもあります。障害が残るリスクもあるので、後日症状を感じた際は、すぐに再検査が必要です。

 

・ヘッドレストを外すと違反になる?

 

これまでは、ヘッドレストの重要性を説明していますが、実はヘッドレストを外すと法律違反となります。「道路運送車両の保安基準第22条4」の違反となり、保安基準に適合していない車両として、警察官に発見されると罰せられる可能性があり、万が一事故を起こした際に、任意保険が使えないこともあります。

 

・車検も通らない?

 

ヘッドレストは安全装備の一つなので、外すともちろん車検には通りません。

また、今人気のヘッドレストモニターですが、後席の人もテレビが見やすく、とても便利なのでカスタムで取り付け方が多くいます。

実は、ヘッドレストモニターをカスタムで取り付けるとヘッドレストの強度が落ちてしまうため、車検では通らないこともあります。

実際に事故の時に、ディスプレイにあたりケガをする事例も出ています。

ただし、天井についているタイプや吊り下げ式、シートの背もたれに吊り下げるタイプのモニターなどは違反になりません。

事故をしたときに、危険か危険でないかというのが条件の一つではないでしょうか。

 

・ヘッドレストが進化‼

 

最近のヘッドレストは進化をとげ、アクティブヘッドレストと言われる機能が付いた車種が多くあります。

アクティブヘッドレストとは、事故の衝撃を感知すると自動でヘッドレストが前方に飛び出してより頭に近い位置で保護する機能です。

この機能により、一般的なヘッドレストよりも大幅に首への負担をやわらげる事が出来ます。

 

ただ、気を付けてほしいのは、アクティブヘッドレストであっても、普通のヘッドレストであっても普段から位置をきちんと合わせておかないと効果は十分に発揮しません。

いざというときのために、普段から適正な位置を調整しましょう。

 

 

ブログ一覧へ

定期的にARKの情報を発信しています!!
こちらもぜひチェックしてください。